脱Otazin

脱オタしたい方に向けた情報サイト

  • TOP
  • 行動
  • 男女の恋愛観の違いを知っておこう!

男女の恋愛観の違いを知っておこう!

好きになるきっかけの違い

男女で、好きになるきっかけは違うと言われています。
男女の本能的な違いは、あくまでもイメージですが狩猟民族系が男性、農耕民族系が女性と考えると分かりやすく、男性はまず見た目、外見でサッと好き嫌いを判断する傾向があるのです。

それに比べて女性は外見もありますが、自分を愛してくれるか、大切にしてくれるか、人間性はどうかなど中身重視となります。
男性は外見重視といっても、あまり外見的に素敵でない人ばかり好きになる男性もいますが、その場合でも自分の好きなタイプを外見で選んでいるのです。

短期型と長期型

男性は本能的に独占欲が強いので、1人を独占するとまた次の女性を独占したくなります。
それに比べて女性は一人の男性にずっと愛され続け、子孫を作っていくという本能があるため、長期型の付き合いが本能的なかたちなのです。

このように恋愛に対して男性は短期型、女性は長期型という本能的な傾向があります。
もちろん私たちは本能だけで生きているわけではなく、理性や性格もあるので結婚制度も守られているのです。

愛情表現の違い

愛情表現の違いもあり、女性は愛されていることをいつも実感していたいという本能があり、「愛しているよ」という言葉が大好きです。
男性の本能から考えると尊敬されたり、頼られたいというものがあるので、「信頼しているよ」「いつもありがとう」などという表現が最高の愛情表現となります。
そして男性がもし女性から「愛している」という言葉を毎日言われていると重くなってしまうのです。

嬉しくなるポイントの違い

嬉しくなる言葉のポイントも男性と女性は大きく違います。
女性の場合は愛されていることを実感したいという本能があるので、「きれいだね」「かわいいね」「美しいね」というような褒め言葉がポイントです。
男性の場合は「すごい」「強いね」「偉いね」という実力や存在を認める言葉が嬉しくなる言葉と言えます。

結婚に関する思いの違い

もちろん男性も女性も結婚したら一生仲良く一緒にいたいと思っています。
しかし男性の本能的なところでの結婚に対する思いは、本当に今結婚していいのかという気持があったり、自由がなくなることや家族を守る重さを感じてしまうのです。

それは家族を守るという本能的な義務を背負っているからとも言えます。
それに比べ女性は好きな人となら、どんな状況でも一緒に暮らしたい、早く結婚したいという気持が先立ちます。

別れの理由の違い

男性の場合、別れの理由は相手の女性にダイレクトには言わないとしても、本心は飽きてしまったという場合が多いと言えます。
女性の場合はいろいろな面で男性の嫌いなところが、我慢できなくなった場合がほとんどです。

男女とも他に好きな異性ができたことが別れの理由になることも多いようですが、その奥には男性は飽きてしまったことがあり、女性は嫌いになってしまったことが原因とも言われています。
そのため男性の方が別れる理由をはっきり言いにくいところがあり、なんとなくという曖昧な理由になることも多くなるようです。

Updated: —
脱Otazin © 2019 Frontier Theme